國學院大學シミュレーションゲーム研究会 K.G.M.C.     連絡先k.g.m.c.info○gmail.com       (○に@を代入してください)


by kgmc_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

年末年始の活動から

若木祭終了後の比較的のんびりムードな活動状況を受け、またもや随分とスパンが空いてしまいましたが、年末年始の活動でプレイされたゲームの中から未紹介の作品をピックアップして、活動報告とさせていただきます。

『奔れ!義弘 (同人作品)』
f0206716_2492871.jpg
f0206716_2491895.jpg
ご存じ関ヶ原の合戦における、島津の前方退却のエピソードを再現した作品。残念ながら記事担当は戦国時代について大した知識も持ち合わせていないのですが、絶望的な戦況図や壮絶な撤退戦というのは、時代・場所を問わず惹かれるものがあります。

『Clash of Steel -戦艦の戦い- (CMJ)』
f0206716_2502970.jpg
f0206716_250147.jpg
第二次世界大戦中の艦隊戦をシンプルなシステムで描いた作品。今回は、いずれも船団護衛の任務に就いていたイギリス艦隊とイタリア艦隊との間で戦われたカラブリア沖海戦シナリオをプレイ。史実では、双方とも多数の主力艦を出しながら痛み分けに終わったこの海戦ですが、今回のプレイにおいてもお互いに戦艦を撃沈させることなく終了となりました。

『World War 2(STR)』
f0206716_249352.jpg
各プレイヤーが第二次世界大戦中の国家指導者となり、自国を勝利に導くべく奔走する、という作品。基本は大戦中の対立関係をなぞっているものの、史実とは異なる同盟の組み換えが出来るため、日英同盟や独ソ不可侵条約の再現も可能。こちらもシンプルなシステムながら、プレイヤー間の交渉がモノを言う内容となっているため、ネゴシエーションが高比重を占めるゲームが好まれる当サークルでは、おおむね好評でした。

大学の試験期間終了を受けて、まとめてご紹介させていただきました。活動再開に伴い、今後はいま少し高頻度での更新を行ってまいります。
[PR]
by kgmc_blog | 2010-01-30 03:33 | 通常活動