國學院大學シミュレーションゲーム研究会 K.G.M.C.     連絡先k.g.m.c.info○gmail.com       (○に@を代入してください)


by kgmc_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年度 新歓情報

※各種説明会の開催時間に合わせ、勧誘活動を行う時間帯を変更させて頂きます。
f0206716_4131737.jpg
新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
当サークルは、以下の場所・日時にブースを展開します。

場所:渋谷キャンパス120周年記念一号館2F 1201教室 101番ブース
日程:4月3日(土) および 4月5日(月)~4月7日(水)
時間:10:00~18:30(4月5日および6日は12:30から)

※初日の実施状況を踏まえ、誠に勝手ながら以上のように変更させて頂きます。

ブースではサークル活動についての簡単なレクチャーを実施予定のほか、短時間でプレイできるシンプルなゲームを幾つかご用意させていただいております。当サークルに興味をお持ちの方は、ぜひお立ち寄りください。もちろん2年生以上の方、他大学生の方も大歓迎です!

f0206716_15112819.jpg
また新勧期間中、当部会の会員はサークルエンブレムをあしらったバッジを装着し、ブースでのご案内・チラシ配布を行います。当日はこのバッジを目印に、サークル員にお声をおかけください。

メールでのご連絡は以下のアドレスまで。
k.g.m.c.info○gmail.com(○に@を代入してください)

また当ブログのコメント欄でも、質問など受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by kgmc_blog | 2010-03-30 22:57 | お知らせ

3月20日の活動

f0206716_21432515.jpg
先週土曜日の活動から、プレイされたゲームの一部をピックアップしてお伝えします。

『Waterloo 20(VPG)』
f0206716_21435868.jpg
f0206716_2144874.jpg
日本では国際通信社がライセンスした『NO RETREAT!』の発売元として知られるVictory Poit Games社の製品。本作は同社の発売する『Napoleonic 20』シリーズの一つで、文字通り総数約20個のユニットで19世紀の会戦を再現します。1815年6月にナポレオン率いるフランス軍とイギリス・プロイセン軍との間で行われたワーテルロー戦役を扱った、比較的コンパクトなゲームです。

『Twilight Struggle(GMT)』
f0206716_21443669.jpg
f0206716_21444571.jpg
第二次世界大戦の終結から約半世紀にわたって、全世界を舞台に行われた東西冷戦をテーマとした戦略シミュレーション。プレイヤーは米ソのいずれかを担当し、世界各国における影響力拡大や宇宙開発といった手段で得点を稼ぎ、冷戦期の覇権競争における勝者を目指します。これまでも何度かプレイされたことのある作品ですが、今回は新作『Twilight Struggle Deluxe』へ更新するアップグレードキットを用いてプレイ。マーカーの改良やイベントの追加が行われ、マップもより見やすくカッコいいデザインとなりました。昨年8月1日の活動報告に従来版マップの写真が掲載されておりますので、興味がおありの方は見比べてみてください。ちなみに肝心のゲームの方はと言いますと、アメリカ担当プレイヤーの不慣れもありソビエト側の勝利に終わりました。
[PR]
by kgmc_blog | 2010-03-25 22:50 | 通常活動

3月6日の活動

f0206716_144792.jpg
先週分の更新が滞ってしまったため、一週間遅れで先々週の活動の模様をお伝えします。

『信長最大の危機(GJ)』
f0206716_195744.jpg
f0206716_1102122.jpg
1570年の第一次信長包囲網結成から、1582年の本能寺の変の頃までを扱った戦略級ゲーム。プレイヤーは天下統一を目指す織田信長と、それを阻止せんとする反織田陣営を担当します。この信長包囲網は、戦国時代の中でも比較的人気のある題材のようで、同様のテーマを扱った『信長包囲戦(GJ)』という作品もあります。

『AXIS & ALLIES MINIATURES(AH)』
f0206716_1132584.jpg
f0206716_11334100.jpg
当サークルブログではお馴染みのコレクタブルミニチュアゲーム。今回はハンガリー、ルーマニア、独立スロヴァキアといった枢軸陣営の中小国軍 対 ソ連軍の二戦級部隊、という設定でプレイ。両軍とも恐竜的進化を遂げる以前の戦車ばかりで、歩兵でも容易に撃破が可能だったため、開始後数ターンのうちにマップ上の車両の大半が姿を消していました。

『AXIS & ALLIES NAVAL MINIATURES War at Sea(AH)』
f0206716_1145345.jpg
f0206716_1152299.jpg
上記AXIS & ALLIES MINIATURESの海戦バージョン。陸戦版と同様にミニチュアの駒を用いるゲームですが、海戦の特徴を出すために細部のルールが改定されています。陣営を問わず第二次大戦期の様々な艦艇(なんと未成艦のドイツ空母ツェッペリンまで!)がユニット化されており、史実の戦闘を再現することも可能ですが、久方ぶりの今回は面白さ重視で、ドイツ海軍 VS 米ソ艦隊という仮想戦記もどきの陣容でプレイ。これまでソ連戦艦ガングートや英国巡戦フッド相手に無敗を誇ったビスマルク級のティルピッツも、太平洋の怪物 アイオワ級には流石に歯が立ちませんでした。
[PR]
by kgmc_blog | 2010-03-18 23:48 | 通常活動

2月27日の活動

f0206716_23311675.jpg
先週土曜日、2月27日に行われた活動の模様を報告させていただきます。


『銀河英雄伝説 帝国の進撃(徳間書店)』
f0206716_23312911.jpg
小説『銀河英雄伝説』をテーマとしたカードゲーム。原作小説の山場と言われるラグナロック作戦をモチーフとしています。本作はいわゆるミル・ボーンズに分類されるゲームであり、各プレイヤーは帝国側の提督となって同盟首都への一番乗りを目指します。

『西南戦争1877(GJ)』
f0206716_23313875.jpg
こちらはゲームジャーナル誌の最新号から。明治10年に起こった最大の士族反乱、西南戦争を扱った最新作です。明治政府軍は反乱の指導者である西郷隆盛を討ち取ること、不平士族で構成される西郷軍は政府軍の拠点である熊本城ないし博多・小倉を占領することが、ゲームの最終目標となります。九州全域が舞台として設定されている本作ですが、久留米―熊本を主戦線として両軍ユニットが積み上げられ膠着状態に陥るケースがしばしばだったようです。

『AXIS & ALLIES MINIATURES(AH)』
f0206716_23314718.jpg
こちらの紹介は3度目となります。今回はソ連とフィンランドの間で行なわれた「継続戦争」を再現。マップが史実通り戦車の機動に適さない地形であったため、ソ連軍のT34‐85は次々とパンツァーファウストやPak.38の餌食となり、歩兵部隊も目標地点に到達する前に規定の7ターンに達してしまいました。こちらの『AXIS& ALLIES MINIATURES』は、ルールの和訳も完了し、プレイするしないに関わらずほぼ毎回持ち込まれています。興味のある方は是非御連絡ください。
[PR]
by kgmc_blog | 2010-03-04 23:59 | 通常活動